「お金」か「やりがい」か

Coins

「お金」か「やりがい」か

あなたは、どう思いますか?

今回の記事では、「お金」と「やりがい」のどちら選ぶべきなのか?という古今東西から議論されている質問に対して、明確な答えを、宇宙法則の観点から提示したいと思います。

この記事の信憑性の根拠として、簡単に自己紹介をしたいと思います。

僕は29才で脱サラして、その後、読書に没頭し、数々の偉人達の本を読む中で、人生の法則や、宇宙の法則を研究してきました。

そこで自分なりに体得した宇宙法則を仕事の中で実践した結果、約5~6年で、純資産が2億円を超えました。

世の中の成功者を見れば、これから僕が示す「答え」が必ず当てはまっていることに気づくでしょう。

この記事を読み終える頃には、「お金」か「やりがいか」という質問は、もう、しなくなるはずです。

では始めたいと思います。

「お金」も「やりがい」も

さて、「お金」か「やりがい」かという質問は、宇宙法則の観点からすると、そもそも、この問い自体が、間違っているというか、本質からずれているんですね。

結論は、こうです。

人生では、「お金」も「やりがい」も両方得るべき!

これが答えです。つまり、どちらかを選ぼうとする、この問い自体が、あまり、よろしくないんですね。成功者は、必ず、この両方を得ています。

「お金」と「やりがい」の両方を得る方法

しかし、「お金」も「やりがい」も両方と言われても、むずかしそうですよね?きっと、次のような疑問を持つ人が、たくさんいるはずです。

「お金とやりがいの両方なんて、そんな都合のイイ話はないよね?仕事はどんな仕事でも大変だし、お金を稼ごうと思ったら、なんか、汚い仕事とかしないといけないだろうしさ・・・。」

でも、こういうことを言っている人は、まだ知らないんです。そして、知らないから、実行もしていないんです。これから僕が言う法則を。

では、「お金」と「やりがい」の両方を得る法則とは、何なんでしょう?

その答えは、

自分のやりたいことを全力でやる

これです。

まず、第一歩として、「自分のやりたいことをやる」んですね。

なぜかというと、そもそも、やりたいことでなければ、継続的に続けることができないからです。

それに、やりたいこと、つまり、ワクワクする感覚というのは、もう、僕達の魂レベルから来ていて、自分の本質と繋がっていると言えるワケです。だから、やりたくて、ワクワクすることを「やる」ということは、自分の魂を満足させる行動であり、本当の自分に近づく行動でもあるんですね。

逆から言うと、やりたくないことを、やりつづけていても、人生の成功はあり得ません。なぜなら、やりたくないことをやって、あなたらしく生きられる、ということは、あり得ないからです。

「やりがい」を得るためには、自分らしく生きなければなりません。そして、「自分らしく生きる」ためには、「やりたいことをやる」ことが必要なのです。

そして、もう1つ重要なのが、早く結果を早く出すために、

全力でやる

ということです。

「お金」も「やりがい」も両方得る方法の「まとめ」

いかがでしょうか。

もし、あなたの周りに成功者がいるとすれば、ここまで書いてきたことが、必ず当てはまっていることでしょう。

では、ここまでの流れの復習したいと思います。

  • 「お金」か「やりがい」か?という問いは質問自体がズレている
  • 人生では「お金」も「やりがい」も両方得るべき
  • 両方得るためには「自分のやりたいこと」をやるべき
  • 結果を早く出すためには「やりたいこと」を「全力でやる」こと

まずは、自分の生活を振り返り、自分がやりたいことをできているかを見返してみてください。

もし、やりたいことを、できていない人はチャンスです。

なぜかと言うと、やりたいことを始めると、人生の扉が次々に開いていきます。是非、あなたも、人生の指針を、「自分のやりたいこと」や「自分のワクワクすること」に変えてみてください。

きっと、「お金」の面でも、「やりがい」の面でも、これまで以上のものを得られるはずです。

家族サービスがしんどくて辛い

Family

家族サービスって、正直しんどいですよね?

この質問に「うんうんうん。」と深くうなずく、お父さんたちは、とても多いと思います。

仕事で疲れきった週末に、妻や子供から、

「どっか行きた~い。」

とか、

「〇〇ちゃんの家は、ディズニーに行ったらしいよ。それに比べてウチは・・・」

みたいなことを言われた日には、本当にむかつくし、嫌な気持ちになりますよね(ꐦ°᷄д°᷅)

今回のブログでは、そんな悩める旦那さま達が、週末を楽しく過ごす為の心のあり方と、実際のプラン計画方法をご紹介します。

この記事を読み終わる頃には、次の週末に向けて、あなたの思考回路がポジティブに動き出すはずです。

家族サービスじゃなくて、自分サービスを考える

さて、まずは心のあり方です。

週末の過ごし方を考える上で、最も重要なことは、家族サービスという概念を捨てて、自分が楽しめることを考えるのです。

つまり、自分サービスを考えるのです。

休日に、自分だったら、何をしたら楽しいかな??

ここで、妄想を広げるのです。

あなたは、何をしたら楽しいですか?

例えば、僕であれば、本業でもある、不動産を見るのが好きなので、遠方にある投資物件を見に行くということであれば、テンションがあがりますし、計画を立てる気にもなります。

正直、妻や子供からすれば、不動産の見学はどうでもいいのですが、その周辺の、おいしい飲食店や、お買い物スポット、お子さんがいるなら、公園などに寄れば、家族も楽しめるはずです。

つまり、第一優先事項として、自分が楽しめるイベントを計画し、それに付随して、妻や、子供達も楽しめる要素を入れ込みながら、計画を立てるのです。

釣りが好きな人なら、釣りを中心にしたプランを立てれば良いですし、サーフィンが好きなら海の近くで計画を立てる、みたいな感じです。

ちなみに、最近、僕はパワーストーンにも、ちょっとだけ興味があるのですが、どうやら、日本一のパワースポットは富士山のようなのです。そこで、富士山温泉旅行を計画し、パワーストーン店を巡ろうと思っています。これで、妻や子供も大喜び。

まあ、こんな感じです。

家族サービスの辛さを解消する「まとめ」

それでは、ここまでの内容をおさらいしましょう。

  1. 家族サービスという概念を捨てる
  2. 自分が楽しむという発想に切り替える
  3. 妄想を広げて、楽しいことを想像する
  4. 自分が楽しめる計画を立てる
  5. そこに「おまけ」で、妻や子供が楽しめるプランも入れる

ここまで読み進めていただいた、同志のお父さんがた、お疲れさまでした。

あくまで、自分のやりたいことを第一優先で、計画を立てることを忘れないようにしてくださいね!

それでは、是非、前向きな週末を、お過ごしください!

Good luck!!!

お金を稼ぐ本当の成功法則とは②

Money

お金を稼ぐ本当の成功法則は結局何?

世の中には、お金儲けのノウハウが溢れています。

成功している人の、本や、セミナーや、YouTubeをフォローして、自分も同じように儲けたいと、みんな必死になっています。

しかし、結局のところ、ノウハウを提供している側の人間の多くは、自分の輝かしい実績をエサにして、多くのフォロワーたちから、お金を「かき集めている」というのが実体なのです。

つまり、お金儲けのノウハウを知りたくて、「成功している人」をフォーローしていたのに、気づいたら、その人からお金を取られていた、ということなんですね。笑

まあ、こういったやり方を全否定する訳ではないのですが、もっと重要で、根源的に、あなたの役に立つ「成功のノウハウ」があるということに気づいてほしいと、いつも思ってしまいます。

その「成功のノウハウ」とは、自分らしく生きる、ということなんですね。

楽しいからお金を稼げる成功スパイラル

なぜ、自分らしく生きることが、お金儲けをする上での、成功のノウハウになるのかを説明したいと思います。

まず、「自分らしく生きる」ということは、「自分のやりたいことをやって生きていく」ということなんですね。

そして、「自分のやりたいことをやる」と、「好きだから没頭できる」という流れになります。

「好きだから没頭している」と、どうなるかというと、「その道のエキスパートになっていく」わけです。

「その道のエキスパート」になると、どうなるかというと、「楽しくて更にのめりこむ」というループに入っていく訳です。

このループの素晴らしいところは、「自分の好き」は、「他人の好き」と、違うというところなのです。つまり、自分の「好き」を追求すればするほど、独自のスタイルが築き上げられるという点です。

誰の真似でもない、独自のスタイル、これこそが、結果的に、一番お金を稼ぐことができるやり方なのです。

まとめると、

  1. 自分らしく生きると決意する
  2. やりたいことや、やりたい仕事をやる
  3. 好きだから没頭できる
  4. その道のエキスパートになっていく
  5. 楽しくて更にのめりこむ
  6. スパイラル的な好循環へ!

このスパイラルを作ることができれば、人生に対する充実感、自分に対する自尊心、そして、お金が手に入ります。

お金を稼ぐ成功のノウハウとは、自分を極めていくことであり、その第1歩から、100歩までの全てが、「自分のワクワクすることをやる」という、たった一つの哲学に集約されているのです。

ですから、無理をして、他の人の真似をしようとするのではなく、自分は何が好きかという部分にフォーカスして、人生は進んでいくべきでしょう。

結局、それが、一番、儲かります。

あなたが、いつも見ている成功者たちは、例外なく、自分の仕事を愛しているのです。

お金を稼ぐ本当の成功法則とは

Tulip Staircase London

今回の記事は、お金を稼ぎたい人や、人生を成功させたい人たちに向けた内容となっています。

この記事を読むことによって成功者が無意識の内に実践している、また、誰にでも当てはまる根源的な成功法則が何かを知ることができます。そして、その法則は、多くの場合、なぜか、語られていないのです。

お金を稼ぐ第一歩は、ある成功法則?

まず、この記事の信頼性を担保する為に、簡単に自分の経歴を紹介しておきます。

僕は現在30代後半ですが、不動産オーナー業(本業)と、WEBエンジニア(副業)を営んでおり、純資産は2億を超えています。「総資産」ではなく、「純資産」です。

今の仕事を始めて7年が経過しました。

29歳で脱サラをした時には、年収数十万円まで落ち込み、収入面でほぼ日本の最底辺にいました。わずかに得ていた年収は、ホームページ制作によるものでした。

29歳で脱サラをした僕が、何をしていたかというと、ひたすら読書をしていたんですね。何百冊読んだか分からないほど、とにかく、読書三昧の日々を送っていました。収入がなかったので、アマゾンの中古本には、かなりお世話になりました。

そして、そこで得たのが、

・・・これを言うのはちょっと、気が引けるのですが、

「人生の法則」や「宇宙の法則」だったんですね。

この世の中には、何か、摩訶不思議な力が働いている、という感覚は、それまでも、なんとなく、あったのですが、読書を通して、偉人たちの経験談を読み進める内に、その感覚は確信へと変わっていきました。

そして、僕が、これらの法則を実践することによって、まず最初に得た成功が、

結婚でした。

想像を凌駕した経緯で起こる成功

実は、僕の彼女(今の妻)は、当時、プロポーズをしても、なかなか結婚してくれなかったんですね。

当時、彼女は、僕に対して、こう思っていたそうです。

「本当に、この人でいいのだろうか?・・・なんとなく信用できない。」

プロポーズをした当時の僕は年収700万円くらいでしたので、20代のサラリーマンとしては、まあまあだったと思います。勤めていたのも、東証一部上場企業でした。

プロポーズをしてから3~4年が経った頃、僕はこう思うようになりました。

「彼女と結婚する為に、仕事を頑張ってきたけど、どうせ結婚してくれないのなら、残念だけど彼女との結婚はあきらめて、自分の好きなことをやろう。」

そして、僕は脱サラを決行。年収はフリーター並、いや、それ以下まで落ち込んだのでした。

そして、僕は、人生の指針を求め、つまり、人生において、右に進むべきか、左に進むべきかの判断基準や、心の哲学が欲しいと思って、その答えを本の中に求め、読書に没頭していきます。

そうこうして、約1年が経過した時、驚くべき事態が起こったのです。

・・・母親の急死。

無職になり、実家暮らしをしていた僕を支えてくれていた母が、「すい臓がん」の発覚後、わずか数ヶ月でこの世を去ります。

僕は仕事を辞めていたこともあり、母の看病に徹しっていたのですが、結局、何もできずに、母はこの世を去りました。

自分にとって、世界で唯一の存在である母の死。とても、悲しかったのですが、同時に僕が心の中に感じていたのは、「完全なる自立」という、ある意味、すがすがしい気持ちだったのです。

母親の死後、僕は不動産業を始めるべく準備にとりかかりますが、相変わらず収入は、ほぼゼロ。わずかに、副業でのWeb作成で小銭を稼ぐ程度でした。

そんな時に、さらなる驚くべき事態がおこります。

まだ、かろうじて付き合ってくれていた彼女が、

「そろそろ、結婚したい。」

と、言ったのです。

「・・・え?」

僕はおどろきました。繰り返しますが、その当時の僕は、収入がほぼ、なかったからです。それだけではなく、二度と、サラリーマン生活には戻らないと、彼女に宣言していました。

彼女は、付き合った当初から、結婚する条件として、年収面(普通よりは、ちょっといい生活ができるレベル)を要求していたのですね。だから、年収がほぼ無い自分と、結婚してくれるはずがないと思っていました。

僕:「俺、ほぼ働いてないけど、大丈夫?」

彼女:「うん。」

僕:「なんで、結婚する気になったの?」

彼女:「信頼できる人だって思えたから。」

僕:「???」

いきなり仕事を辞めて、1年以上、ほぼ読書しかしていない僕に、「信頼できる人」・・・・?正直、よく分かりませんでしたが、結果だけ見れば、僕が自分のやりたいことに舵を切った結果、彼女の僕に対する気持ちは、「本当に、この人で大丈夫かな?」から、「信頼できる人」に変化したのです。

僕は、この時、1つのことを理解しました。

「自分がやりたいことを行動に移すと、自分が想像もしなかった経緯をたどって、突然、幸運が舞い込むということを。」

人生にストイックは必要か

Untitled

人生にストイックは必要だと思いますか?

いえ、必要なのは、やりたいことを、どんどんやる、ということなのです。

あ・・・いきなり答えを言ってしまいました (꒪ȏ꒪)

僕の考えでは、ストイックという言葉自体が、あまり、よろしくないですね。

よく、様々な分野で成果を上げている人が、

「ストイックにやるのは当たり前で、重要なのは〇〇です。」

みたいなことを言いながら、周りの人たちを奮起しているのを、見かけます。

最近では、YouTubeでも見かけますね。笑

確かに、彼らは、自分の分野で、仕事に没頭しており、一見ストイックに見えます。

でも、・・・見えるだけなんですね。

実情は、彼らは、自分の仕事が楽しいから、どんどんやっているだけです。

仮に、イヤでも、自分を追い込んでやっているのだとしたら、その負のオーラーが、視聴者にも伝わってしまうことでしょう。

成果を出している彼らでも、どうしようもなく嫌いな仕事を、ストイックにやり続けたら、精神病になってしまいます。

成果を出している人は、その仕事が好きだから、できるのです。

ですから、仕事をストイックにやろうなどと、思う必要は、全くないんですね。

そうではなく、自分にとって、楽しい仕事を選び、とことん、やる(楽しむ)のです。

楽しい仕事なので、言ってみれば、遊びと同じですから、どんどんできるわけです。

そうこうしている内に、あなたは、どんどん仕事に打ち込み、のめりこみ、極めて、さらに、楽しくなっていくでしょう。

それを、はたから見ている人たちが、

「あの人はストイックだね。」

と、言うのです。

でも、やっている本人は楽しいだけなんですね。

ですから、もし、自分が仕事が楽しくて、没頭できるようになり、成果も出せるレベルに成長した時に、周りの人たちに対して、

「おまえたちも、俺と同じように、仕事に没頭しろ!」

と、相手を責め立てるのは良くありません。

だって、あなたは、ただ、楽しいから仕事をしているだけなのですから。

そうではなくて、その人が「やりたい」と思っていることをススめてあげるのが、最大の親切だと思います。楽しかったら、やりますからね。

「仕事はどんな仕事でも辛い。」

という人がいるのですが、その人は、自分のやりたい仕事をやったことがないだけなのです。

まとめると、大切なのは、

やりたいことや、やりたい仕事を選び、どんどんやる、ということなのです。

1ミリでもいいから、自分のワクワクする方向に進むのです。

そう、まずは、1ミリでいいから、自分がワクワクすることをやってみましょう。

運命の人に出会う方法

Lace and pumps

今回は、「運命の人に出会う方法」について解説をしたいと思います。

自分や友人の様子を観察していると、どうやら、運命の人は、人生で何回か現れる傾向があるように思います。

一方で、運命の人に全く出会えず、婚期を逃している人も、とてもとても、たくさんいます。

では、運命の人に出会う為にはどうすれば良いのでしょうか。

今、ここで、その「答え」を発表したいと思います。

それは、

自分が運命の人になることです。

「???!・・・どういうこと?」

そう思った、あなた、ここから先は必見です!

これは、逆説的なのですが、仮に、世の中に、あなたの運命の人が存在していたとしても、あなたがあなたらしく生きていなければ、運命の相手は、あなたに気づくことができないのです。

つまり、あなたは、あなたらしく、生きなければならないのです。

もっと、具体的に言うと、運命の人に出会う為には、毎日、ワクワクに従って生きていくことが必要なのです。

本当の意味での、「自分らしい」とは、自分の好きなことをやって、毎日、楽しく人生を送るということなのです。

では、さらに、あなたに質問をしたいと思います。

質問①

あなたは、毎日、自分の「やりたいこと」や「やりたい仕事」をやって生きていますか?

質問②

それは、楽しいですか?

質問①も②も「はい」と答えることができた人は、大丈夫でしょう。

仮に、まだ運命の相手に出会えていなかったとしても必要であれば、必ず、現れます。

ワクワクを行動に移して生きている人は、素敵な異性が現れた時、これまた、ワクワクを行動に移して、声をかけることもできるでしょう。

一方、どちらか、片方でも「いいえ」だった人は、運命の人に出会える可能性が、低くなっています。

なぜかと言うと、毎日、自分のやりたいことを「できていない人」は、自分らしく生きられていないし、仮に、ワクワクする気持ちがあっても、行動に移す前に、自分にブレーキをかけてしまう傾向があるんですね。

ですから、運命の人が目の前に現れたとしても、自分でブレーキをかけてしまうことも多いのです。

「そんなことを言っても、じゃあ、自分のワクワクに従って、いきなり、仕事を辞めろということですか?もし、仕事をやめてしまえば、経済的に苦しくなるし、ますます、婚期が遠ざかるんじゃないですか?」

このように考えて、いつまでも、やりたくない仕事をやりつづけている人は、無数にいます。

でも、やりたくないことを、やり続けている限り、あなたが、本当の自分になることは、不可能なのです。

あなたが、誰か別の自分を演じている限り、運命の人は、あなたを見つけることができないのです。

ですから、もし、運命の人と本当に出会いたいのであれば、勇気を持って、自分のやりたいことを始めるべきであり、それが、唯一の方法なのです。

僕も29歳で脱サラした口ですが、正直、30歳の頃は、年収数十万円まで落ち込みました。

でも、そこから、自分の大好きな仕事に没頭することができ、今では、サラリーマン時代よりも、はるかに、良い生活をすることができるようになりました。

そうなんです。実は、

やりたいことをやった方が、人生は儲かるのです。

このことにも、行動した人は、気づきます。

最後に、もう一度、言いますが、

あなたが運命の人になれば、あなたの運命の人が現れるのです。

モテモテになる方法

MacLookers

今日は、「モテモテになる方法」について、解説したいと思います。

初めに断っておきますが、僕は、モテモテになりたいと思っているわけでもなければ、それをおススめているわけでもないんですね。

でも、彼氏、彼女をなかなか作れなくて困ってる人が、たくさんいると思うので、今回は、実体験に基づいて、モテモテになる方法を解説したいと思います。

実は僕、10年以上前になりますが、バンドをやっていて、超モテモテだった時期があります。

バレンタインデーでは、100個以上のチョコレートを頂いていました。

バンドのレベルとしては、メジャーデビュー一歩手前というところで、1000人規模のワンマンライブを数回、やったこともあります。

まあ、バンドをやったことの無い人は分からないと思うのですが、1000人でも、結構、すごいんですよ。笑

ちなみに、僕はボーカルだったのですが、働きながらのバンド活動が、あまりにも、しんどくて、最終的にはストレスで声が出なくなってしまい、バンドは解散しました。

さて、その頃の経験から、僕は、どうしたらモテるのかということが、分かるようになりました。

そして、まず、最初に言っておきたいのが、

僕は決して、モテるタイプではなかった。

ということです。

・・・矛盾したことを言っていますね。

「モテモテだったのに、モテるタイプじゃないって、どういうこと?」

恋愛下手なメンズから、そんな質問が無限に飛んできそうですね((((;゚Д゚)))))))

でも、事実なんです。

僕は、モテるタイプじゃなくても、モテモテだったんです。

なぜかというと、

僕は、バンド活動を通して、かなりたくさんの女性に「見られていた」からなんです。

どういうことかと言うと、僕は、モテるタイプではないのですが、100人に1人くらいの割合では、自分のことを、良く思ってくれる女性がいたように感じます。

この場合、1000人の女性と出会うことができれば、10人の女性が自分のことを好きになってくれる計算となり、1万人の女性と出会うことができれば、100人の女性が自分のことを同時に好きになってくれる計算になります。

つまり、そういうことなんです。

たとえ、自分がモテるタイプではなかったとしても、世の中には、たくさんの女性がいて、自分のことを、許容範囲内だと思ってくれる女性が一定割合いるのです。

ということは、

数を打てば当たる。

これが「答え」なんですね。

石田純一さんも、似たようなことを言っていました。

石田さんは、「芸能界のモテ男」とか、言われていますが、本人いわく、自分が良いと思った女性には、片っ端から声をかけていたそうです。

つまり、モテるのではなく、かなりの数の女性にアタックしているということです。

これはビジネスにも当てはまりますね。

1つや2つのビジネスで失敗したからといって、あきらめていては、ビジネスが成功するはずがありません。

ビジネスで成功する人は、失敗に失敗を重ね、最終的に自分に合うビジネスに出会うわけです。

つまり、恋愛でも、お金儲けでも、何度も何度もアタックすることが、成功への一番の近道なのです。

アタックするだけでなく、きちんと、考えながら行動すれば、尚、良いですね。

ですから、モテないと悩んでいる人は、まず、第一に、

自分のことを許容範囲だと思ってくれる女性が一定割合必ずいる。

ということを知ってください。

その上で、そんな女性に出会うまでは、決して、あきらめずに、たくさんの女性と会う機会をつくり、アタックしつづけることです。

これを行動に移せば、確実に、彼氏、彼女ができる確率が上がりますし、やり続ければ、そのうち、モテモテになるでしょう。

結局、バンドマンがモテるのも、この原理なんですね。たくさんの女性に「見られているから」、という理由でモテているのです。

なので、自分がどんなにモテないと思っていても、

自分のことを許容範囲だと思ってくれる女性が一定割合必ずいる。

これを覚えておくと、良いと思います。

日本で自殺が多い理由と解決方法

For Leilani: Facedown in Bokeyland

世界保健機関(WHO)の2016年度の統計によると、人口10万人中の日本の自殺率は男女合計18.5人で、世界では14位番目に多いようです。

一方、財務省によると、日本は、世界一のお金持ち国家であり、対外純資産は2018年時点で328兆円と、世界断トツ1位です。

確かに、日本では、普通に働いていれば、食べ物に困ることはありません。もし、働けなくなったとしても、生活保護などの、セーフティーネットがあります。

では、なぜ、このように豊かな日本で、人々は、自殺をするのでしょうか?

それは、

人生の指針を見失っているからです。

これは、日本人全体の傾向として、言えることなのです。

例えば、他の多くの国では、宗教が実践されており、宗教によって、人生の指針を見失わないようにしています。

特に、個人主義の西洋社会では、宗教無しには、あっという間に、人は人生の指針を見失ってしまう為、必然的に宗教の必要性が高くなります。

一方の日本では、一般的に宗教の話を熱心に語ることは、嫌煙されており、どちらかと言うと、「宗教」=「あぶない」という考え方が根付いています。

日本は古来より、西洋のような個人主義ではなく、人々の横のつながりや、グループの空気を大切にする民族の為、西洋に比べると、一個人が道を外すことが少ないのですね。だから、宗教の必要性も相対的に低いのです。

つまり、日本人は、宗教的なものを信ずるよりも、「日本人としての集団意識」や、自分の所属する「グループ意識」にフォーカスし、そこに自分の存在意義を見出そうとする傾向があるのです。

だからこそ、日本人は、自分の所属する、グループから排除されることを極端に嫌がる傾向があり、それが、極度のストレスへとつながりやすく、自殺まで追い込まれてしまうのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

答えがあります。それは、

自分が楽しいと思う方向に進むこと。

そうです、自分の人生の指針は、自分が「楽しいと思う方向」が正解なのです。言い換えると、自分がワクワクする方向に突き進んでゆけば良いのです。

例えば、ワクワクする仕事をする。ワクワクする人間関係を選ぶ。

嫌なことは、できるだけしないことも重要なのです。

自分の、「好き」、「嫌い」が、自分の人生の指針なのです。

だから、それに従えば良いのです。

そして、もう一点。

人からどう思われるかを気にするのではなく、自分が相手に愛を与えられるかどうかを大切にする。

これが大切です。

自分が意識をフォーカスしている、小さなグループは、時として、良くない方向を向いていることがあり、それに自分自身が翻弄されてしまうことがあります。

そういう時は、一度、そのグループから意識を離して、自分自身が、「愛のある精神」に立ち返り、それを、グループに持ち帰ることが大切なのです。

これが、日本人全体の精神に浸透すれば、日本は、より豊かで、幸せな国へと進化するでしょう。

最後にまとめると、

自分が楽しいと思う方向に進むこと。

・人からどう思われるかを気にするのではなく、自分が相手に愛を与えられるかどうかを大切にする。

これですね。

宇宙の法則とお金

Smoke Kalidescope

「宇宙の法則を使って、お金を引寄せたい。」

そう思ったことのある人が、いるかもしれません。

結論から言うと、それは可能なのです。

方法は簡単です。

自分がワクワクする仕事を選び、働くことです。

簡単すぎて、拍子抜けしてしまうかもしれませんね。

でも、逆の言い方をしてみましょう。

あなたは今、自分がワクワクする仕事をしていますか?

もし、していないのであれば、ワクワクする仕事に転職する、もしくは、独立して、自分のやりたい仕事をすることで、もっとラクをして、たくさんのお金を稼ぐことができることに気づくはずです。

なぜなら、人生は、ワクワクする方向に進むと、うまくいくようにできているからです。これは、人間にあてはめることのできる、宇宙法則の1つなのです。

「でも、日本中の人が、みんな、自分のワクワクすることばかりやっていたら、社会が成り立たないんじゃないの?」

そう考える人もいるでしょう。

しかし、仮に、皆がワクワクすることをやれば、結果的に、日本は今よりも、遥かに良くなるのです。

果物を作るのが好きな人は、たくさんの果物をつくり、家具をつくるのが好きな人は、素敵な家具をつくり、何かを売るのが大好きな人は、売るのです。

そう、結局、やりたいことは、人それぞれ違いますので、全員がやりたいことをやれば、必然的に、社会が機能するようにできているのです。

例えて言うなら、私たち、一人一人は、パズルのピースのようなものなのです。

自分が、本当の自分の形になることで、パズルのワンピースとしての役割を果たすのです。

自分が自分らしく生きることが、最高の、社会貢献になるのです。

私達人類は、一人一人が1個人であると同時に、人類全体で、1つの大きな生命体です。

ですから、この大きな生命体が、より美しく、輝く為には、一人一人が、本当の自分になることが大切です。その方法は、一人一人がワクワクすることをやる、これに尽きるのです。

さて、お金の話に戻しましょう。

ワクワクすることを、やりつづけることで、自分にとって必要なお金を得ることができるようになります。

しかし、無尽蔵にお金を得られるということは、通常、起こりません。自分にとって、「必要なお金」を得られるだけです。

なぜかを説明します。

お金というのは、「おまんじゅう」の様なものだからです。

あなたは、無数の「おまんじゅう」を欲しいと思いますか?

食べきれない程の「おまんじゅう」なんて、いりませんよね。

結局、お金も同じことなんです。

人が「おまんじゅう」を食べ過ぎると、糖尿病になるように、お金もありすぎると、多くの人にとって、毒となるのです。

莫大なお金が毒ならば、それを与えられた人は、かわいそうでしょ?

だから、普通の人に、莫大なお金を与えないように、宇宙は気遣っているのです。

しかし、裏を返せば、無数の「おまんじゅう」を、たくさんの人に無償で配ることができるような、大きな器を持った人であれば、莫大なお金を得ることは可能です。

例えば、大会社のオーナー社長は、毎月毎月、自分の考えたビジネスで、たくさんのお金を稼ぎ、それを社員に配っていますね。自分が起こしたビジネスで、多くの人にお金を与えている、そんな、「おまんじゅう」を配れる様な人が、莫大な富を手にする可能性を持っているのです。

オーナー企業の社長でなくとも、多くの富を得たいのであれば、できるだけたくさんの人に、自分が与えられる「何か」を与えることができれば良いのです。

次の宇宙法則があります。

「自分の受けとるものは、自分が与えたものである」

つまり、莫大な富を手にしたい人は、莫大な富を人に与えれば良いのです。

富の形には色々ありますので、何を与えるかは、自分で考える必要があります。

しかし、今の時代は、Youtubeをはじめ、さまざまなメディアを自分で持つことができ、やり方次第では、一個人が大きな影響力を持つことができます。

そうです、時代の変化と共に、お金持ちになれる可能性は、より高くなってきているのです。

繰り返しますが、莫大な富を得る為には、自分が、できるだけたくさんの人に、何らかの富を与えることができれば良いのです。

「自分の受けとるものは、自分が与えたものである」

これが、宇宙の法則なのです。

あれも、これも、それも、やる。

Untitled

今の世の中では、次のようなことを、言う人がいます。

「何かを成し遂げるためには、何かを犠牲にしなければならない。」

果たして、本当にそうでしょうか?

確かに、何か1つのことに集中し、それ以外のことを犠牲にすれば、1つの分野では飛びぬけることができるかもしれません。

しかし、それが「幸せ」につながるとは限らないのです。

むしろ、「無理」をして何かに取り組み続ければ、それは、さらなる「無理」を生み出してしまうのです。

つまり、

「何かを成し遂げるためには、何かを犠牲にしなければならない。」

ではなく、

「何かを犠牲にしても良いと思うほど、自分がワクワクすることがあるなら、それに没頭すべきだ。」

ということ、なのです。

もっと言えば、同時にいくつかのことをやりたい時は、

「あれも、これも、それも、やるべき。」

なのです。

「・・・ん?同時に色々なことに手を出すと、中途半端になるのでは?」

と思う人も多いでしょうが、そんなことは、ありません。

むしろ、やりたいことを、たった1つだけやるよりも、同時に、いくつもやりたいことがあるなら、同時にやる方法を考え、それを実行することで、遥かに多くの結果を得ることができます。

例えば、僕の例をあげてみます。

僕は現在、自分の所有している「ビル」に入居しているテナントさんの、電気工事を、依頼されて行っています。

僕の今の本業は、不動産業なんですね。でも、電気工事もやっているのです。

通常、不動産投資をする場合、自分で電気工事はしないのですが、

「電気工事を自分でしたら、楽しいだろうな。」

と、ある時、思い立ち、ワクワクした気持ちのまま、勢いに乗って、資格をとったんですね。

その後、上に書いた「古いビル」を一棟まるごと買う機会があり、リノベーションの一貫として、共用スペースの電気配管を、自分の好きな、金属パイプで、かっこよく、仕上げたところ、それを見た、テナントのオーナーさんが、

「自分のところも同じ感じでやって欲しい!」

と言って下さったので、今、やっているというわけです。これが、楽しいんです。

実は、さらに別の副業として、僕はホームページの制作も行っています。

最近は、幼稚園のホームページを頼まれて作りました。

自分でも良いデキだなと、思ったので、色々な人にそのホームページを見せていたところ、大手コンサルタント会社に勤務している親族が、

「自分がコンサルをしている会社で、SEO対策の研修を、講師としてやってくれないか?」

と言ってきました。

SEO対策とは、Googleなどで、検索をした時に、きちんとホームページが上位表示されるように行う、プログラム上の対策のことです。

この話を聞いた時の僕の第一印象は、

「とにかく、面白そうだな。」

でした。そこで、この仕事をやることにしました。

正直、ほんの少しですが、不安もありました。

もちろん、自分はホームページをゼロから作っているため、SEO対策は知っていますが、それを、企業向けに研修するといったことは、当然、やったこともありませんし、初めてのことだったからです。

ちなみに、報酬は1日で15万円、研修が2日間になれば25万円、という内容でした。

話を戻しますが、「企業に対して、自分が先生として講義する」というシーンを思い浮かべると、ワクワクしてしょうがありません。

そうです、この「ワクワク」に従って進めば、きっと、次なる大きな展開があるのです。

「ワクワクという道しるべ」は「人生のナビ」だからです。

20代の後半、収入面では、社会の「ほぼ底辺」にいた僕が、ここまでこれたのは、この「人生のナビ」の存在を活用してきたからです。自分のことですから、これは、断言できるのです。

当然、同時に色々なことを進めると、あっという間に時間が過ぎきいきますが、「時間がなくなった時」というのは、「それ以上やらなくて良い」というサインであることも、僕は知っています。

僕だけではありません、これは、みなさん、全員に当てはまることなのです。

まとめると、

ワクワクするなら、あれも、これも、それも、やるべき。

そうして進んでいくと、ある時、バラバラだった、「あれ」と「これ」と「それ」が、1つに繋がる時が来るのです。

是非、お試しあれ。