第2種電気工事士 技能試験が終わりました!

7月末に、第2種電気工事士の技能試験に行ってきました。
技能試験の1ヶ月前に行われた筆記試験では、100満点中96点だったので、正直、すっかり気が抜けてしまい、全く技能試験の練習をしていませんでした。
ちなみに、筆記試験は過去問を10年分をやりましたが、落とした4点(2問)については、過去問で見たことの無い問題だった為、間違えてしまいました。
一方で、技能試験に関しは、あまりにも練習をしていなかったので、もう、受けるのも辞めようかとまで考えたのですが、受験料9300円がもったいないし、中学生でも受かる資格と言われていますので、大人が落ちるのも恥ずかしいと思い直し、結局、試験の4日前から慌てて練習を開始しました。

FAC21F1A-1D99-4623-8DFC-41E87FF599FB.jpg

第2種電気工事士の技能試験は、あらかじめ公表されている13パターンの配線を完璧に練習しておけば、合格できますが、僕の場合は、4日間しか時間がなかったので、1日3問〜4問をノルマとし、4日間で、13パターンを一通り練習しました。

ちなみに、練習する上で、次のサイトがとても参考になりました。
技能試験の練習材料キットは、下記サイトのものを使いました。僕は13問を3回通りできるセットを買いましたが、僕のように直前に追い込んでやる場合は、一回分のキットで十分だと思います。実際、僕も材料がだいぶ(あと2回分)余りました。
このキットが素晴らしいのは、テキストが入っていること!
このテキストに沿って勉強すれば、対策は万全と言えます。

練習を始めて分かったのですが、この試験、かなり時間が少ない、つまり、手を止めて考えている暇がないんですよね。
ひたすら、次にやることを考えながら、手を動かし続けることが重要です。
ノンストップ、かつ、大急ぎで作業すれば、だいたい30分で一問を完了できます。因みに試験時間は40分で一問を完成させるというもの。順調に行けば、10分ほど時間が余ります。

さてさて、で、試験はどうだったかと言うと、一応、できました。
あとは、減点やミスが無いことを祈るだけです。
結果は9月2日です。

そうそう、第2種電気工事士を受験する女子もいましたよ。
おそらく、100人に1人よりも少ないくらいの割合だと思いますが、女性でも受ける人はいるんですね。おそらく工業高校の女子だと思います。見かけた女性は皆、若い子ばかりでしたので。
近頃、女性の間でDIYブームが騒がれていますが、さすがに電気工事士の免許まで取る大人の女性はほとんどいないのでしょう。

そうそう技能試験のリングスリーブの圧着は、かなり力がいりますので、これができない女子もいると思うんですよね。。

とにもかくにも、終わって一安心。