あれも、これも、それも、やる。

Untitled

今の世の中では、次のようなことを、言う人がいます。

「何かを成し遂げるためには、何かを犠牲にしなければならない。」

果たして、本当にそうでしょうか?

確かに、何か1つのことに集中し、それ以外のことを犠牲にすれば、1つの分野では飛びぬけることができるかもしれません。

しかし、それが「幸せ」につながるとは限らないのです。

むしろ、「無理」をして何かに取り組み続ければ、それは、さらなる「無理」を生み出してしまうのです。

つまり、

「何かを成し遂げるためには、何かを犠牲にしなければならない。」

ではなく、

「何かを犠牲にしても良いと思うほど、自分がワクワクすることがあるなら、それに没頭すべきだ。」

ということ、なのです。

もっと言えば、同時にいくつかのことをやりたい時は、

「あれも、これも、それも、やるべき。」

なのです。

「・・・ん?同時に色々なことに手を出すと、中途半端になるのでは?」

と思う人も多いでしょうが、そんなことは、ありません。

むしろ、やりたいことを、たった1つだけやるよりも、同時に、いくつもやりたいことがあるなら、同時にやる方法を考え、それを実行することで、遥かに多くの結果を得ることができます。

例えば、僕の例をあげてみます。

僕は現在、自分の所有している「ビル」に入居しているテナントさんの、電気工事を、依頼されて行っています。

僕の今の本業は、不動産業なんですね。でも、電気工事もやっているのです。

通常、不動産投資をする場合、自分で電気工事はしないのですが、

「電気工事を自分でしたら、楽しいだろうな。」

と、ある時、思い立ち、ワクワクした気持ちのまま、勢いに乗って、資格をとったんですね。

その後、上に書いた「古いビル」を一棟まるごと買う機会があり、リノベーションの一貫として、共用スペースの電気配管を、自分の好きな、金属パイプで、かっこよく、仕上げたところ、それを見た、テナントのオーナーさんが、

「自分のところも同じ感じでやって欲しい!」

と言って下さったので、今、やっているというわけです。これが、楽しいんです。

実は、さらに別の副業として、僕はホームページの制作も行っています。

最近は、幼稚園のホームページを頼まれて作りました。

自分でも良いデキだなと、思ったので、色々な人にそのホームページを見せていたところ、大手コンサルタント会社に勤務している親族が、

「自分がコンサルをしている会社で、SEO対策の研修を、講師としてやってくれないか?」

と言ってきました。

SEO対策とは、Googleなどで、検索をした時に、きちんとホームページが上位表示されるように行う、プログラム上の対策のことです。

この話を聞いた時の僕の第一印象は、

「とにかく、面白そうだな。」

でした。そこで、この仕事をやることにしました。

正直、ほんの少しですが、不安もありました。

もちろん、自分はホームページをゼロから作っているため、SEO対策は知っていますが、それを、企業向けに研修するといったことは、当然、やったこともありませんし、初めてのことだったからです。

ちなみに、報酬は1日で15万円、研修が2日間になれば25万円、という内容でした。

話を戻しますが、「企業に対して、自分が先生として講義する」というシーンを思い浮かべると、ワクワクしてしょうがありません。

そうです、この「ワクワク」に従って進めば、きっと、次なる大きな展開があるのです。

「ワクワクという道しるべ」は「人生のナビ」だからです。

20代の後半、収入面では、社会の「ほぼ底辺」にいた僕が、ここまでこれたのは、この「人生のナビ」の存在を活用してきたからです。自分のことですから、これは、断言できるのです。

当然、同時に色々なことを進めると、あっという間に時間が過ぎきいきますが、「時間がなくなった時」というのは、「それ以上やらなくて良い」というサインであることも、僕は知っています。

僕だけではありません、これは、みなさん、全員に当てはまることなのです。

まとめると、

ワクワクするなら、あれも、これも、それも、やるべき。

そうして進んでいくと、ある時、バラバラだった、「あれ」と「これ」と「それ」が、1つに繋がる時が来るのです。

是非、お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。