100万円の不動産コミュニティに入るべきか??

近年、不動産投資業界では、短期間で億単位の物件を次々に購入するギガ大家達がもてはやされています。
彼らに続けとばかりに、高額のセミナー費用や、100万円近いコミュニティ参加費用を払って「カモ」にされている、素人投資家が後を絶ちません。
次のような疑問をもつ人がたくさんいるはずです。
「良い不動産を買う為には、自分もセミナーや、高額コミュニティに参加した方がいいのかなぁ??」
皆さんはどう思われますか?
私の結論は、
・初心者は本を100冊読んだ方が、はるかにイイ!
・コミュニティに参加するのは資金に余裕ができてからでイイ!
です。
正直に言うと、100万円もする超高額コミュニティには、入らない方がいいと思います。
なぜなら、100万円という時点で、悪意に満ちているからです。
自分が主催側の人間だったら、どう思うか考えてみれば分かります。
1人あたり100万円も払ってくれるのですから、
「しめしめ。」
ですよね。笑
ちなみに、私は不動産を3棟買うまでは、セミナーには「1回も」行ったことがありませんでした。
そうです。
セミナーに行かなくても、やる気があれば不動産は買えます。
とは言っても、何事も経験。
資金に余裕ができてから、ギガ大家が講師をする、3万円のセミナーに、私も参加したことがあります。
その時は、会場の熱気もあってか、瞬間的にやる気が出たのですが、そもそも、「瞬間的な、やる気」自体が判断を狂わせるので危ないですし、冷静にそのセミナーを分析すると、自分の対象エリアとは金融機関の状況が異なったり、そもそも時間が限られている中で、口で説明するわけですから、情報が薄かったりと、3万円の価値はとても感じられませんでした。
3万円分の本を買った方が、よっぽどマシでしたね。
ですから、これから不動産投資を進めていきたい人は、すでに物件を持っている人も、できるだけ多くの本を読んで、戦略を持って行動すべきだというのが、私の考えです。
私は、超高額コミュニティを、完全に否定するわけではありませんし、それなりに、横のつながりができるというメリットはあるでしょう。
ただ、本当にそこで、メリットを享受する為には、少なくとも、100万円を、何とも思わないレベルまで、自分が達していなければ、本当の意味での、良いつながりを作ることは難しいでしょう。
自分が「ショボ」ければ、どこに行っても、「類は友を呼ぶ」だけです。
さて、不動産投資は、決して勢いだけでやるべきではありません。
入念な購入計画、そして出口戦略がなければ、非常にハイリスクです。
なぜなら、不景気の波は、ほぼ10〜15年スパンで必ず訪れるからです。
ここ最近だけでも、
・1970年代のオイルショック。
・1990年代のバブル崩壊。
・2000年代のリーマンショック。
いずれも、景気が大幅に落ち込み、大手ディベロッパーをはじめとする、不動産業界の猛者達や、不動産投資家は、定期的に、一掃されていきました。
ですから、2018年あたりで、たとえばス○ガ銀行が簡単に融資してくれるからと、高値で物件を買ってしまった素人投資家は、次なる不景気の波が来た時に、残念ながら破綻、もしくは、それに近いダメージをくらうことでしょう。
不動産は高値で買ったら、スタートの時点で、ほぼ、負けが決定します。
景気が悪くなれば、必ず値段が下がるからです。
実は、値段が下がるだけならマシです。
一番怖いのは、「入居率」が大幅に下がってしまうことです。
私が実際に、この目で見た、事実をお話ししますと、リーマンショックの時、私は、あのトヨタ自動車が本社をおく、愛知県豊田市で、不動産の営業をしていました。
リーマンショック時、トヨタ自動車は激しく派遣切りを行い、新築ワンルーム30戸が、完成して数ヶ月絶っても、入居者が1人~2人、という物件が、かなりの数、ありました。
新築ですら、これですから、中古のワンルームなんて潰しがききません。
当然、高値で物件を買った人は、この様な事態になれば、即死なのです。
そこで、私の基本的なスタンスの発表ですが、そもそも、「不動産投資」=「不労所得」という考えが、完全にまちがっていると考えています。
不労所得という「あま~い言葉」が、油断やスキをつくり、自分の不動産への手間ヒマを忘れ、失敗するリスクを高めます。
大切なのは、
「不動産投資」=「有」労所得
と考えることなのです。
逆を言えば、不動産投資を不労所得だと考えている人が多いからこそ、人がさぼっている間に、自分の物件を磨き上げ、付加価値を高めることができ、満室の維持や、高値での売却につながるのです。
もちろん、投資規模が大きくなってくれば、すべてを自分でやるのは大変ですから、会社や組織を作って、自分がいなくても、回る「仕組み」を作ることは大切でしょう。
では、不動産投資に必要な「哲学」とは、どのようなものでしょうか。
私は次のように考えています。
「自分の物件で生活する人や、そこでお店を営む人たちが、どうやったら幸せに過ごせるかを考え、それに基づいて物件を磨くことが、不動産投資家に必要な哲学である。」
そうです、あなたの物件で過ごす人たち、「その人たちの幸せ」を考え出した時、あなたの不動産投資家としての本当の「哲学」が芽ばえるのです。
「哲学」とは「宇宙の法則」だと、私は考えています。
ですから、「哲学」は愛に基づいていなければなりません。
「悪意のある哲学」は、短期的には繁栄をするかもしれませんが、中長期的には必ず破綻します。
「盛者必衰」は歴史が何度も証明しています。
そんな「愛のある哲学」を心にもって、物件を磨き上げていくことが、大きな成功と、人生の満足感につながると、私は考えています。

来年から本腰

ようやく、不動産投資ブームがひと段落してきました。

昨年までのピーク時に、スルガ銀行を使って、超高値で不動産を買ってしまった、サラリーマン投資家は、これから10年程かけて、じりじりと破綻していくでしょう。
逆に、力を温存していた不動産投資家はここから10年が勝負ですね。
不動産の価格は約10年のサイクルで上がったり、下がったりしていますので、これから約10年後には、また高値になる可能性が高いと言えます。
10年後のその時に向けて、10年間かけて、じっくりと不動産を安値で仕入れていくのです。
まだまだ不動産の価格は下がりきったとは言えず、この先数年で、なんらかの経済危機が来れば、さらに価格は暴落し、そこが絶好の買い場になるでしょう。

豊かさと生きづらさ

豊かな社会には、生きづらさがあります。
なぜかというと、自分がいなくても、成り立つからです。

BF3C60D3-5F40-4EE3-9E1C-BDE82D28DBC6.jpg
貧しい社会では、食べ物を手に入れたら、家族が喜んでくれます。
ある意味、自己肯定感が得られやすいのです。
一方、豊かな社会では、食べ物を持ち帰った程度では、なかなか家族に喜んでもらえません。
ベトナムの平均所得は、日本の10分の1程ですが、幸福度は、ベトナム人の方が圧倒的に高いというのも良い例でしょう。
豊かな社会では、豊かであるが故に、自分がいなくても成り立つという側面があるのです。
とくに、仕事の面においては、自分の代わりがいくらでもいる、というのは多くの人が感じたことがあるでしょう。
これは不動産でも同じことが言えます。
不動産投資家は物件のオーナーとして、市場に住まいやテナントを供給しますが、成熟した日本社会では、住まいすら余っています。
だから、自分が市場に住まいを提供しなかったとしても、他の誰かが、いくらでも提供します。
ということは、どういうことか。
日本の様に豊かで成熟した社会では、自己肯定感を得て健全に生きていく為には、自分のパフォーマンスを進化させるしかないんですね。
例えば、スマホなら、どんどん新しいスペック。
家電ならどんどん進化した家電。
不動産なら、これまでよりも質の高いサービスや、デザインを提供し続けるしかないのです。
成熟した社会が土台となっている国では、現状維持では喜んでもらえません。
進化していくものだけが賞賛され、富を得ていくという傾向があります。
裏を返せば、進化するということにフォーカスすれば、他よりも一歩先を行くことができ、人からも認められ、自己肯定感を得られるということになります。
つまり、何事においても、進化すればいいだけなのです。

ファーマーズマーケット

DEC29D64-9D60-4D0E-8473-D735E62390C5.jpg
数日前、ホテルを替える途中で立ち寄ったオーガニックのファーマーズマーケットです。日本で言う朝市です。
ここでは、ハチミツを購入。
ハチミツは季節や花、そして産地によって風味が違うのですが、ロサンゼルスのハチミツもまた独自の味わい。帰国したらコーヒーに入れて飲みたいと思います。
さて、今回のアメリカ旅行を機に、また仕事を頑張りたいと思ったわけですが、頑張ると言いますか、自分を追い込む方向ではなく、興味を広げる、楽しいからやれるし、継続できる、そんな方向を極めていきたいと思います。
経験上、自分を追い込み過ぎると、必ず後から反動が来て、やる気が落ちます。
自分のことだけではなく、将来的には、そんな会社を作りたいと思っています。

チャレンジしよう!

420D2BAA-BA1F-43A8-897E-A8E3B852A8EA.jpg
ビバリーヒルズにあるネスプレッソに行ってきました。
日本にあるネスプレッソブティックとは違い、ゆったりとしたカフェが併設されていました。
店内には、見たことのないタンブラーが置いてあったので購入。この旅で、初めて自分の為に物を買いました。
さて、言葉が通じない国で、買い物をしたり、生活をすることは、毎日がチャレンジの連続です。
小さなチャレンジでも、うまくいくと充実感があるものです。
今回の旅ではチャレンジの大切さを学んだ気がします。日本に帰ってからは、言葉が通じますので、一段とレベルの高いチャレンジをしていきたいと感じました。
チャレンジ、チャレンジ、チャレンジ!

欲と興味の範囲を広げる

04AD70C5-1342-49B1-819B-EE94F8A3C964.jpg
ロサンゼルスのグリフィス天文台です。
この場所も、妻が行きたいと言うので来たわけですが、旅行に興味のない自分は、下手をしたら、アメリカに来たとしても、一人だったら何もせずに帰る可能性すらありました。
そう考えると、妻の、何かをしたいという欲望のお陰で、自分も一緒に、様々な経験をさせてもらっていると言えます。
人生における成功とは何かと考えると、必ず、成功するには、挑戦があるわけです。挑戦するということは、自分はどうしたいという、欲望があるわけですね。
仮に、全てのことに無関心だったら、挑戦することもないでしょうから、成功はあり得ません。
そう考えると、自分の興味や、欲望を拡大させていくことは、成功には欠かせない要素と言えそうです。

アメリカ人も日本人も^_^同じ

FE3C0617-895D-4C97-AD45-16A10E9F4D21.jpg
サンタモニカです。
観光客でかなり賑わっていました。観光客のほとんどはアメリカ人です。ハワイやグアムと違って日本人はほぼいなかったと思います。
しかし、通り過ぎて行く多くのアメリカ人を見て感じたのは、ほんと、日本人と同じだなということです。
現代では、皆、同じ様にスマホを見たり、写真を撮ったり、同じ様な車に乗ったり、同じような服を着たり、生活スタイルが非常に似通ってきているということもありますが、そもそも、休日に、ぞろぞろと観光地を旅行しているあたりが、日本人と全く同じだと思いました。
皆同じように生活の為に一生懸命働き、善良で、優しい人たちが多いのも日本と同じだなと感じました。
成熟した人間社会は、皆、似てくるのだと思います。今、北朝鮮が平和路線へ進み始めて注目されていますが、本当に、平和で豊かな国になって欲しいですね。

海外旅行という挑戦

6C35C40E-21A9-4DFF-B63E-26C5CE28EFB6.jpg
ロサンゼルスの美術館です。
子供達がうるさ過ぎて、ほぼ館内は見れませんでしたが、パワースポットなのか、敷地内の公園を歩いているだけで、とても癒され、元気が出てきました。日本の伊勢神宮みたいな感じだなと、自分は思いました。
さて、僕は海外旅行には全く興味がありませんでしたが、新しいことにチャレンジするという意味では、自分の仕事にも活かせるかもしれないと思いました。
例えば、僕は英語が全く話せませんが、家族を連れて行った以上、レストランにも入らなければならないですし、レンタカーも左ハンドル左車線を運転しなければなりません。妻がここに行きたいと言えば、調べて、現地まで行き、駐車場を見つけて止め、現地のよく分からないシステムで、ガソリンも給油する必要があります。いずれも、現地の人たちと身振り手振りでコミュニケーションを取り、教えてもらい、やるしかありません。
慣れれば何も難しくないのですが、初めてというだけで、やはり精神的な障壁はありますよね。
でも、海外旅行の様に、初めてのことに挑戦することを、自分の楽しみにしてしまえば、きっと、自分の仕事においても、これまで開けることができなかった扉を開いていけるのではないか感じました。

ロサンゼルス都心へ移動

0F52E54F-2E0F-4B49-BBD2-2A9EA4B6EBD0.jpg
ロサンゼルス旅行は後半からホテルを移動して都心のコンドミニアムを利用しています。
家族旅行だと、洗濯物がたくさん出るので、家の様に家電が一式そろっているコンドミニアムはいいですね。
レンタカーの左ハンドルにもだいぶ慣れてきましたが、慣れてきた頃に注意が必要なのは不動産投資と同じですね。

サンタバーバラ

665A32AB-10B4-453B-8DAD-B68B86970CD8.jpg

今日はロサンゼルスの北西にあるサンタバーバラという街に来ました。

仕事です…家族サービスという名の。
自分自身は、今の時点では、海外旅行にはほ興味がありません。
ちなみに、ゴールデンウィークですが、帰国日を少し後半にずらすことで、航空券の価格をピーク時の半額ほどに抑えることができました。同じゴールデンウィークでも、ここまで価格が下がるとは。
時間の拘束がない不動産投資家ならではのメリットですね。
今回はレンタカーを借りたので、プライベート感が増して、快適です。
アメリカなので、Googleマップのナビ機能が使えますし、現地のSIMカードを事前にAmazonで買って持っていったので、スマホも日本と同じように使えます。番号は変わりますが。
ただ、サンタバーバラあたりまで地方に来ると、急激に携帯の電波が弱くなりましたね。Tモバイルだったのですが、これから孫さんがなんとかしてくれるはず。
今回はお守り替わりに用意しておいた、ポケットWi-Fiがあったので事なきを得ました。