賃貸物件のキッチンを安くてオシャレにDIYリフォーム!

今回は、僕が取り付けたキッチンの紹介です。

いや~、探して、探して、やっと見つけました。「安くて」かつ「オシャレ」という2重のハードルをクリアした、ハウステックの流し台をご紹介したいと思います。

ハウステック 流し台 シンク W1050 幅105センチ 送料無料  キッチン 豊富な扉カラー27色 おしゃれ 水栓は別売になります。

実は、このキッチン、自分の物件に取り付けたのではなく、町会長さんに頼まれて、近所の集会場に設置しました。床がちょっと、古びた感じになっていますが、賃貸物件ではないのでご愛嬌です。キッチン本体は、僕が探した中では、値段と品質のバランスが、一番良かったですね。

カラーのバリエーションも豊富なので、次回、賃貸物件のキッチンを交換する時には、利用したいと思っています。

ちなみに、こちらの集会場の流し台は、もともと壁から直接水道が出ている状態で、そのままでは接続が困難だった為、水道管の迂回工事も行いました。

基本ですが、管と管をつなぐ際は、繋ぎ目にシールテープが必要です。一方で、フレキシブル管と接続する際は、パッキンが付いているので、シールテープは不要です。


【上の写真がシールテープ 】

というのも、僕は以前、なんでもかんでもシールテープを巻いた頃があり、よく、水漏れを起こしていました。なぜかというと、シールテープを巻き過ぎると、ナットの締め上げが奥まで出来ず、パッキンが機能しないことがあるんですよね。

ですので、フレキ管などのパッキンがついている管は、シールテープを巻いても良いですが、パッキンが機能するように、きちんと奥まで締め上げることが必要です。

このあたりだけ、気をつければ、十分に自分で取り付けが可能ですので、是非、あなたもチャレンジしてみてください。

アンティークな現場にオススメ!トグルスイッチ&プレートカバー

トグルスイッチ 1スイッチ(Amazonで販売中

今回はトグルスイッチをご紹介したいと思います。

このトグルスイッチは、僕が所有する、アンティーク調の古いビルをリノベーションする際に、自分で作ったものです。たかが電気スイッチですが、人から見える場所にあるモノには、こだわりたかったんですね。

せっかく作ったので、アマゾンでも販売したところ、予想以上の反響があったので、今回、こちらのブログでも紹介しようと思います。

リノベーション当初は、市販のスイッチを探していたのですが、なかなか自分のビルにフィットするデザインのモノがなかったので、自分で作ることにしたというのが、ことの経緯です。

実は僕、所有している他のアパートを自分で電気工事する為に、電気工事士の免許を取っているんですね。この経験が、トグルスイッチを作成するきっかけになっています。様々な部品を試しながら、シンプルで、かつ、デザイン性の良いものを目指しました。

トグルスイッチ 2スイッチ (Amazonで販売中

パナソニックや他社の電気スイッチから交換可能

ちなみに、このトグルスイッチは、パナソニックや、東芝など、他の電気スイッチからの交換が可能です。JIS規格サイズってやつですね。

基本的に電気スイッチのプレートカバーの大きさは、このJIS規格サイズですので、ほとんどの場合、交換が可能だと思います。

トグルスイッチ2スイッチワイド (Amazonで販売中

リフォームやリノベーションの現場にオススメ

僕がこだわったのは、トグルスイッチが空間のアクセントになると同時に、部屋の雰囲気を邪魔しないように、シンプルなデザインにすることです。プレートカバーは、半光沢のステンレス製となっていますので、どんな色合いのインテリアにも、マッチするんですね。

特に、僕のビルの様な、アンティーク調のリフォーム現場や、リノベーションの現場、デザイナーズ賃貸などとは相性が良いと思います。

「リード線」と「差込コネクタ」つきで取り付け簡単DIY

リード線と差込コネクタが装着済なので取付作業が簡単です

もう1つ、こだわっている点としては、現場での取り付け作業を、できるだけ簡単にするという点ですね。

一般的なトグルスイッチは、その形状から、裸のままでは、電線の先端を加工する必要があり、細かい座金やネジなども取り付ける必要があるんですね。非常に面倒です。

そこで、現場ですぐに取付作業ができるように、リード線や差込コネクタなどの接続部品をあらかじめ、こちらで装着しました。自分が電気工事士なので分かるのですが、細かな部品加工を現場でやるのは、時間がかかるだけでなく、パーツを落として、見失ったりすると、大変なんですね。

トグルスイッチ 4スイッチ

4スイッチタイプやトグルスイッチブラック(黒)も制作(販売予定)

予想以上に反響を頂いております、このトグルスイッチですが、実は、市販していないものもいくつかあります。たとえば、上の画像の4スイッチタイプや、ブラックタイプのものです。これらの商品も、機会があれば販売していきたいと思います。

トグルスイッチ ブラック(黒)
トグルスイッチ ブラック(黒)

今回は、トグルスイッチを紹介しました。

僕は、基本的に、自分の物件が空室になった時に、物件のグレードが上がる様なリフォームをすることを、心がけています。このトグルスイッチもその一貫ですね。物件のグレードが上がれば、満室経営や、家賃上昇、最終的には、物件を売却する際の、価格上昇につながります。

よろしければ、ご参考にしてください。

超絶おすすめ!コンクリート専用クリヤー塗料

56290B2B-652F-4654-AF05-A697B4AFF21C.jpg

昨日、床のコンクリート塗装に使用したクリヤー塗料が、とにかく良かったので、シェアしたいと思います。

これまで使っていた、コンクリート専用の塗料は、水性だと持ちが悪かったり、また、油性だと床の汚れが溶け出して変な色になったり、また、2種類の液体を混ぜて使わないといけなかったりと、なかなか良いものがありませんでした。
でも、今回使った塗料は、床の汚れが浮き出すこともなく、仕上がりも綺麗。塗料を混ぜる必要もありません。
半年程前から使っている方の話では、持続力も高いようです。
古いコンクリートの床は、少しずつ削れる為、塗装しないと、細かい砂ぼこりが無限に出てきます。
元々、レトロビル郡の一角にある、オシャレな看板屋さんが教えてくれた塗料だそうで、やはり、プロが選ぶものは違うと、痛感させられた商品です。
コンクリートの床を塗装される方は、超絶おすすめですね。

夜もレトロビル

92AB4529-FBA6-4381-B69E-30C8223ECB77.jpg
今晩はつい先程まで、レトロビルでDIYを楽しんでいました。
この窓枠は、8メートル程続いているのですが、横殴りの雨が降ると、雨が下から染み込んできます。
そこで、窓下の巾木を外してみると、やはり、枠の下がスカスカ。
そのスカスカの部分に、隈無くセメントを塗り込む作業を行いました。
セメントが固まったら、更に上からコーキングをし、窓の外側からも防水塗料を塗る予定です。
こうやって、自分でリフォームを始めると、やりたいことが増えてきて、どんどん楽しくなってきます。
次は壁や天井を真っ白に塗って、ライティングレールを付けて、電気配線も金属管でバシッと決めて、壁を作って…
のめり込み過ぎて自分を見失わないようにしたいと思います。

雨漏りとどう闘うか

D80891D8-C48A-46B1-9EAF-FE70CE6F248E.jpg
先日退去があったレトロビルの最上階は、セルフリフォームを開始する為、準備を始めたところです。
しかし、実は雨漏りがあります。
屋根防水はしてあるのですが、恐らく、手の届かない外壁のどこかから染み込んできているのだと思います。
これまで、何度も、屋上の怪しそうなところをコーキングしたり、防水塗料を上塗りしてきましたが、完治には至っておりません。
前の入居者は、雨漏りを知った上で住んで下さいましたが、そんな優良入居者には、なかなか出会えるものではありません。
この雨漏りをいかにして防ぐか。
対策を巡って常に頭の中はグルグル…。
元々、このビルを買った時から、最上階は雨漏りがあることは分かっていましたので、賃料のシミュレーションには、入れていません。しかし、貸せるものなら貸した方が良いのは言うまでもありません。
そうですね、例えば、自分の事務所として、使うことを考えながらセルフリフォームをし、並行して、募集もかけ、決まればラッキー、決まらなくても、自分の事務所として使うというスタンスがいいかもしれませんね。
いずれにしても、まずは雨漏りをシャットアウトする方法を考えたいと思います。

トグルスイッチ 出荷完了

B2696C91-7F6A-4B3D-BD14-38617DFC8713.jpg
たった今、トグルスイッチを詰め込んだダンボールを郵便局から出荷しました。
18時最終のトラックにも間に合い、いよいよアマゾンで売られる日が近づいてきました。
あとは、商品説明等、細かいところを修正しながら様子を見たいと思います。
なんとか勢いでやり切れて良かったです。
…次は確定申告。
あと少しだけ、やり残していました。