アンティークな現場にオススメ!トグルスイッチ&プレートカバー

トグルスイッチ 1スイッチ(Amazonで販売中

今回はトグルスイッチをご紹介したいと思います。

このトグルスイッチは、僕が所有する、アンティーク調の古いビルをリノベーションする際に、自分で作ったものです。たかが電気スイッチですが、人から見える場所にあるモノには、こだわりたかったんですね。

せっかく作ったので、アマゾンでも販売したところ、予想以上の反響があったので、今回、こちらのブログでも紹介しようと思います。

リノベーション当初は、市販のスイッチを探していたのですが、なかなか自分のビルにフィットするデザインのモノがなかったので、自分で作ることにしたというのが、ことの経緯です。

実は僕、所有している他のアパートを自分で電気工事する為に、電気工事士の免許を取っているんですね。この経験が、トグルスイッチを作成するきっかけになっています。様々な部品を試しながら、シンプルで、かつ、デザイン性の良いものを目指しました。

トグルスイッチ 2スイッチ (Amazonで販売中

パナソニックや他社の電気スイッチから交換可能

ちなみに、このトグルスイッチは、パナソニックや、東芝など、他の電気スイッチからの交換が可能です。JIS規格サイズってやつですね。

基本的に電気スイッチのプレートカバーの大きさは、このJIS規格サイズですので、ほとんどの場合、交換が可能だと思います。

トグルスイッチ2スイッチワイド (Amazonで販売中

リフォームやリノベーションの現場にオススメ

僕がこだわったのは、トグルスイッチが空間のアクセントになると同時に、部屋の雰囲気を邪魔しないように、シンプルなデザインにすることです。プレートカバーは、半光沢のステンレス製となっていますので、どんな色合いのインテリアにも、マッチするんですね。

特に、僕のビルの様な、アンティーク調のリフォーム現場や、リノベーションの現場、デザイナーズ賃貸などとは相性が良いと思います。

「リード線」と「差込コネクタ」つきで取り付け簡単DIY

リード線と差込コネクタが装着済なので取付作業が簡単です

もう1つ、こだわっている点としては、現場での取り付け作業を、できるだけ簡単にするという点ですね。

一般的なトグルスイッチは、その形状から、裸のままでは、電線の先端を加工する必要があり、細かい座金やネジなども取り付ける必要があるんですね。非常に面倒です。

そこで、現場ですぐに取付作業ができるように、リード線や差込コネクタなどの接続部品をあらかじめ、こちらで装着しました。自分が電気工事士なので分かるのですが、細かな部品加工を現場でやるのは、時間がかかるだけでなく、パーツを落として、見失ったりすると、大変なんですね。

トグルスイッチ 4スイッチ

4スイッチタイプやトグルスイッチブラック(黒)も制作(販売予定)

予想以上に反響を頂いております、このトグルスイッチですが、実は、市販していないものもいくつかあります。たとえば、上の画像の4スイッチタイプや、ブラックタイプのものです。これらの商品も、機会があれば販売していきたいと思います。

トグルスイッチ ブラック(黒)
トグルスイッチ ブラック(黒)

今回は、トグルスイッチを紹介しました。

僕は、基本的に、自分の物件が空室になった時に、物件のグレードが上がる様なリフォームをすることを、心がけています。このトグルスイッチもその一貫ですね。物件のグレードが上がれば、満室経営や、家賃上昇、最終的には、物件を売却する際の、価格上昇につながります。

よろしければ、ご参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。