2重スリット実験の「謎の答え」

Physics

2重スリット実験の謎とは?

今回は、世界中の物理学者達を悩ませている、二重スリット実験に対して、僕なりの解答、というか概念を提示したいと思います。

ここで示すのは概念であり、証明されているわけではないことをご理解ください。

しかし、この概念を2重スリット問題に適用すると、驚くほどスッキリと理解できることが分かると思います。

それでは、早速いきたいと思います。

まずは、2重スリット実験の奇妙さ、不思議さを分かりやすく説明した、下記のYoutube動画をご覧下さい。

ご覧いただけましたか?

量子の世界はとても不思議なんですね。

2重スリット実験の謎の答えはこれだ!

では、なぜ、この様な摩訶不思議な減少が起こるのか、僕なりの解答をしたいと思います。

電子が干渉縞をつくるのは、無数のパラレルワールドが相互作用し合って、波の性質を生み出しているから

みなさんはパラレルワールドの概念をご存知でしょうか?

簡単に言うと、自分が道を歩いていて、右か、左か、どちらに曲がるか迷ったとします。結果、左に曲がったとしますね。でも、実は、右に曲がった自分が別の次元(別の宇宙)で存在しているということです。

つまり、曲がる瞬間までは、同じ自分だったのですが、曲がった瞬間、左に曲がった自分と、右に曲がった自分の宇宙が分かれ、それら2つの世界が、同時に存在するということです。

このようにして、人は、毎瞬毎瞬、無数のパラレルワールドに分裂しながら生きているというのが、パラレルワールドの概念です。量子コンピューターも、ざっくり言うと、この論理で動いていますね。

これを電子に当てはめると、スリットに向かって飛んでいく電子にも、無数の可能性、つまり、無数のパラレルワールドがあり、量子の世界では、その無数に分裂していくパラレルワールドの電子同士の関係から波の性質が生まれる為、スリットを通ると干渉縞をつくるのです。

その結果、電子を1つずつ、2重スリットに向かって飛ばしているにも関わらず、干渉縞ができるのです。つまり、1つの電子でも、無数のパラレルワールドに分化しますので、その無数のパラレルワールドの電子同士が波の様な性質をつくる為、干渉縞をつくるということですね。

ここまで、なんとなく、ご理解いただけたでしょうか?

では、次にいきたいと思います。

なぜ観測すると干渉縞が消えるのか?

なぜ観測すると、干渉縞が消えるのかという問題について、説明をしていきたいと思います。

よく、このように解説をする人がいます。

「観測すると干渉縞が消えるのは、観測するという行為自体が、例えば、光を当てるなど、電子に影響を与えているからだ。」

結論から言ってしまえば、この答えは間違っています。確かに、観測することで、電子への影響を与えていますが、根本的にはそういうことではありません。

観測すると干渉縞が消える理由は、電子がどちらのスリットを通るかを観測することによって、その時点での電子の存在位置が確定されるからです。

・・・たぶん、意味が分かりませんよね?

これを理解するには、次の概念を理解することが必要です。

電子は、確率で存在しているのであり、観測するまでは、位置が決定しない。

これです。

つまり、電子というのは、人が観測しない限りは、位置が決まっていないのです。電子を取り巻く、パラレルワールドが同時存在しているような状態です。これを、電子が確率的に存在している、と言います。

例えていうなら、雲のように、ぼんやりとしているような状態です。

そして、観測した瞬間、雲の様な存在だった電子は、ある1点に存在することが、決定するのです。

つまり、見なければ、電子の位置は決定しないのです。

繰り返しますが、人(観測マシーン)が見るから、電子の位置は決定するのであり、見なければ、電子の位置は、いつまで経っても、決定せず、確率的に、ぼんやりと存在しているだけなのです。

これが、私達の生きている世界の真実なんですね。とても不思議です。

さて、ここで、もう一度、2重スリット実験に戻ります。

なぜ観測すると干渉縞が消えるのか、についての、答えをもう一度言いますね。

つまり、電子銃から放たれた電子は、観測マシーンによって観測されるまでは、確率的に存在しており、無数のパラレルワールドが重なりあっている様な状態です。いわば、雲のようにモヤっとした感じで存在しているわけですが、観測マシーンで観測された瞬間に、電子の存在は、雲のような状態から、パッとある1点に決定します。電子の位置が1点に決定した瞬間に、パラレルワールドが1つに集約されるため、その瞬間、無数のパラレルワールドの電子同士の関係から生み出されていた、波の性質が消えるのです。

先ほども説明した通り、パラレルワールドに分化した電子同士は波の性質を作るのですが、それには条件があり、「電子が観測されずに確率的に存在している」という状態が必要なんですね。観測されると、電子の位置が1点に決まってしまうため、無数のパラレルワールドがその瞬間は消えてしまい、波の性質が消えてしまうのです。

人が観測をして、電子をある1点に縛り付けている限りは、電子は波の性質を取り戻すことができません。

これが、2重スリット問題の謎に対する、僕なりの答えです。

私達の現実世界も実は柔軟

さて、この様に、摩訶不思議な量子の世界ですが、私達が生きる現実世界は、言ってみれば、これら量子の世界の集合体なワケです。

つまり、私達の現実世界というのも、実はかなり、フレキシブルで、柔軟な世界だと言えるんです。

電子の位置が確定すると、2重スリットの結果が変わったように、私達が、この世界を、どう捉えるかによって、現実世界そのものに、大きな影響があるような気がしませんか?

今回の記事で書いてきた、量子の世界観を応用すると、実際に僕達は、自分の世界を自分で決定する力があるということに繋がります。

なぜかと言うと、僕たちは、頭の中で色々なことを考えますよね?そして、その頭の中での思考とは、電子の動きの集合体でもあるわけです。当然、電子だけでなく、分子もタンパク質も絡んでいますが、いずれも量子の世界と深く関わっており、それが思考と言えるのです。

つまり、思考を自分でコントロールし、自分の意思で世界の意味を決定することで、僕たちが実際に見る世界が変化する可能性が高いのです。

僕たちは、自分の外に現実があると考えていますが、実際には、脳の中で作られた現実を見ています。そう言う意味では、外の世界は、自分の中にあるのであり、自分の中にあるのであれば、自分の意思決定により、変化させることができるということです。

自分の生きている世界を「素晴らしい世界だ」と、自分で決めることもできれば、「サイテーな世界だ」と決めることもできます。そして、そのたびに、脳内の電子達が、ある位置に決定しているワケです。

自分が世界をどう決めるかによって、本当に現実世界も、変わってしまうとしたら・・・。

まずは、このことに、気づくことが大切ではないでしょうか?

世界は自分で変えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。