SEO対策の効果とは

Computer

今回はSEO対策の効果について、説明をしていきたいと思います。

この記事は、SEOに関して、まだ知識のない、素人の方向けの内容となっています。

「SEO対策って、どんな効果があるの?」

「SEO対策って、そもそも、やる必要あるの?」

「てか、そもそも、SEOって何?」

こんな疑問をお持ちの方は、是非ご覧ください。

今回は、素人の方々でも分かるように、SEO対策の効果を噛み砕いて説明していきたいと思います。

SEO対策の効果「もくじ」

  1. SEO対策の効果
  2. SEO対策の意味
  3. SEO対策の目的
  4. SEO対策はナゼ必要か?
  5. なぜ人はインターネットを見るのか?

1. SEO対策の効果

まずは、SEO対策をすると、どういう効果があるかを端的に説明します。

SEO対策を適切に行ったHP(ホームページ)は、ユーザーがインターネットで検索をした時に、上位表示されやすくなる。

ということです。

ですから、検索をした時に、すぐに上の方に出てくるページは、SEO対策がされているページと言えます。

要するに、宣伝したいホームページを、できるだけ多くの人に見てもらう為に行う対策がSEO対策なのです。


2. SEO対策の意味

次に、SEO対策の意味ですが、頭文字には、それぞれ、次の意味があります。

S・・・ Search (検索)

E・・・ Engine (エンジン)

O・・・ Optimization ・・・最適化

直訳すると「検索エンジンの最適化」となりますが、要は、検索をした人が求めている情報を、きちんと説明しているページを、上位に表示すること、がSEOの役割なのです。


3. SEO対策の目的

では、SEO対策の目的はなんでしょう?

なぜ、人々は、SEO対策をするのでしょうか?

それは、SEO対策をすることで、集客ができるからです。

つまり、SEO対策をして、できるだけ多くの人にHPを見てもらい、それを集客に繋げたいんですね。

「集客」これがSEOの最大の目的であり、唯一の目的です。


4. SEO対策はナゼ必要か?

くどいようですが、では、なぜ、様々なメディアが存在する今の時代に、SEO対策をやる必要があるのでしょうか?

他のメディアではダメなのでしょうか?

結論はこうです。

ネットを見ている人が「めちゃくちゃ」増えているので、集客をしたいのであれば、SEOは必須。

裏を返せば、テレビや新聞などのマスメディを見ている人が激減しているんですね。

下のグラフを見ていただければ分かるように、

  • 新聞の発行部数は、約33.7%減少(1996~2018年)
  • テレビの視聴率は、約31.2%減少(2006~2016年)

ものすごい勢いで減少しているんです。

これまで「マスメディア」と呼ばれてきたテレビや新聞が、急激に力を失っている最中、それに取って代わっているのが、まさに、インターネットなのです。

「テレビ視聴率 推移」の画像検索結果

僕のやっている、不動産オーナー業でも、最近は若い世代を中心に、

「テレビは、いりません。」

とおっしゃる方々が増えています。ネット環境だけあれば十分ということです。

僕自身も、2018年あたりから、急激にテレビを見る時間が減ってきました。変わりに見ているのは、僕の場合、YouTubeです。


5. なぜ人はインターネットを見るのか

どうして、若者世代は、テレビではなく、インターネットを見るのでしょうか?

それは、単純にインターネットの方が面白いからなんですね。

なぜ面白いのかと言うと、人はそれぞれ、趣味や趣向が違いますが、インターネットには、様々な人向けのコンテンツが存在しています。

一方、テレビや新聞などのマスメディアは、どうしても、一般大衆向けのコンテンツになってしまい、視聴者一人一人の好みに合わせた番組や記事を提供するのは不可能なんですね。

そしてもう1つ、インターネットが好まれる大きな理由があります。

それは、真実を伝えられるツールである、とういことです。

テレビや新聞は、どうしてもスポンサーの顔色をうかがったり、権力のある人間の意向に反する内容を発信することはできません。

しかし、インターネットでは、しがらみのない人間が、真実をストレートに発信することができるため、人々は腑に落ちるんですね。心にささるわけです。

以上、今回は、SEO対策の効果ということで、なぜ、SEO対策が必要なのかを説明させていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。